は 医薬品 と 基礎 的

最後に 当記事は薬剤師個人の現時点での見解を記載しています。 ちなみに同じリンデロンでもリンデロンV軟膏は、従来通り先発とジェネリックの区分が残っています。

12
どちらにも分類されていない薬剤は他の薬剤に変更することはできない。
は 医薬品 と 基礎 的

基礎的医薬品についてはご存知でしょうか?いきなりいわれても薬剤師でも知らない人は多いでしょう。 基礎的医薬品の変更調剤は、今までの 主従関係に注意せよ 以下 からの抜粋です。

12
(答)基礎的医薬品であって、平成28年3月31日まで変更調剤が認められていたもの(「診療報酬における加算等の算定対象となる後発医薬品」等)については、従来と同様に変更調剤を行うことができる。 後発率の変動 の2点。
は 医薬品 と 基礎 的

ただし、全ての後発医薬品が経過措置として使用期限を定められている場合を除きます。 なお、その際にも「処方せんに記載された医薬品の後発医薬品への変更について」(平成24年3月5日付け保医発0305第12号)に引き続き留意すること。 後発扱いとして、変更調剤が可能か• 160• 後発医薬品3(薬価:40円) 基礎的医薬品に関する詳しい説明 厚生労働省の資料から引用します。

2
知らなくても普段の業務でこまることはほとんどないのですが「後発品への変更調剤」や「後発医薬品調剤体制加算の計算」に関与するので管理者クラスは知っておいたほうがいいです。
は 医薬品 と 基礎 的

先発医薬品(薬価:100円)• (問1)処方せんにおいて変更不可とされていない処方薬については、後発医薬品への変更調剤は認められているが、基礎的医薬品への変更調剤は行うことができるか。 もちろん、基礎的医薬品に指定されなかった品目は通常通り薬価の引き下げを受けます。 サイトより 上記をまとめると 基礎的医薬品とは「 収載より25年以上経過した古いけどよく使用される 大事な薬が、薬価改定で安くなり過ぎてメーカーの 採算が取れないから製造中止になると困るので 価格を先発、後発含めて一番高いものに合わせて保護しますよ」的なものでしょうか。

comでは医療に関する様々な情報が毎日更新され、メルマガでもその情報が配信されています。
は 医薬品 と 基礎 的

治療用アレルゲンエキス皮下注「トリイ」ブタクサ花粉1:1,000• すなわち、基礎的医薬品の対象となった品目は 後発品数量シェアの計算式から除外されます。

3
厚生労働省のHPでのアセトアミノフェン坐剤100mg「〇〇」は 「後発医薬品として承認された医薬品であっても、先発医薬品と薬価が同額又は高いものについては、診療報酬における加算等の算定対象にならない後発医薬品」 という位置づけのようです。
は 医薬品 と 基礎 的

該当既収載品ならびに組成及び財形区分が同一であるすべての類似薬のうち、薬価収載の日から 25年を経過しているものであること。 平成28年4月の薬価改定前、ケフラールカプセル250mg(先発医薬品)にはいくつかの後発医薬品が存在しました。

13
後発率の計算では分母にも分子にも含まれるため、使用すれば後発率は上がっていきます。 変更調剤をする上でどのように取扱っていいのかはっきりしないので、これについて疑義解釈が出ています。